世界最大の取引所の経営破たん

世界最大のビットコイン取引所のマウントゴックス社が経営破たんし、取引が停止となったのは2014年。ビットコイン人気が上昇の兆しのあった中での出来事でした。

その原因はビットコインと現金が盗まれたことであり、当初はサイバー攻撃によるものとされていました。そのため、取引所の信頼性の失墜だけでなく、ひいてはビットコインの危うさがささやかれ始めました。

しかしその後の調査で、会社内の人間の内部的な犯行(横領)であることが判明しました。すなわちビットコイン自体のシステムの問題ではないことがわかったわけです。ちなみに2009年にビットコインができて以来、データ改ざんは一度もありません...

トップへ戻る