ウォレットが持つ情報(セキュリティ面)

ウォレットには、ビットコインアドレスの他に以下の情報を持ちます。

・プライベートキー(秘密鍵)
・パブリックキー(公開鍵)

これらは仮想通貨に限ったことではなく、インターネットの暗号化の仕組みとして利用されているものです。

共通鍵暗号方式とは

セキュリティ上の観点から、相手に暗号化してデータ送付する場合を考えます。その暗号を解く鍵も相手に送るのですがそれを「共通鍵」といいます。エクセルのデータにパスワードを設定してメールに添付して送付し、別のメールにパスワードを記載して送付するようなイメージです。

「暗号化データ」と「秘密鍵」が共に悪意のある者に入手されてしまったら、暗号が解かれてしまうことになり意味がありません。よって公開鍵という方法が発明されたのです...

公開鍵暗号方式とは

データの受信者が「公開鍵」(誰でも取得できる)およびそれと1対1になっている「秘密鍵」(受信者のみ取得できる)を保有している状態から始まります。
送信者が受信者が保有する「公開鍵」を取得し、それを使って文書を暗号化し送付します。受信側は「秘密鍵」で復号化することで文章を読むことができます。

要は、データを暗号化するときと復号化する(元に戻す)ときの鍵を分け、なおかつデータの受信者がその両方の鍵を用意するということです。

ビットコインの仕組みでは

秘密鍵⇒公開鍵⇒ビットコインアドレスという順に作成し、できあがったその自分のアドレスから他の人のビットコインアドレスに送付します。

ビットコインアドレスから公開鍵を特定はできませんし、公開鍵から秘密鍵を特定することもできません。

詳しくは「送金の流れ」のところで説明します。

トップへ戻る