仮想通貨の種類

600種類以上も存在するとされています。
一番有名なのは「Bitcoin(ビットコイン)」ですが、Ethereum(イーサリアム)、Ripple(リップル)などもそれに次ぐものとして挙げられます。ビットコイン以外の仮想通貨をまとめて「アルトコイン」と呼びます。

Ethereum(イーサリアム)とは

「契約情報」のデータをブロックチェーン技術を用いて管理するプラットフォーム全体のことをイーサリアムと呼びます。

ビットコインのブロックチェーンにはその取引履歴のみ記録されますが、イーサリアムは仮想通貨だけにとどまらず、様々な資産の取引や契約内容の履歴を記録できるということなのです。

これによれば、すべての契約内容は分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれるので、いつでも誰でもその内容を確認できるようになり、不特定多数の人にデータがさらされることになるので、改ざんが極めて困難となり、非常に信頼性の高いシステムといえます。
例えば、土地の売買契約などであれば、その取引内容や登記内容がデータとして記録されるので、手続きがほぼ自動化されることになるのでコストを下げることができます。また誰もが容易にアクセスすることが可能となるので、不正な取引への抑止にもなります。

トップへ戻る