裁定取引(アービトラージ)

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じたときに、割高な方を売って割安な方を買い、両者の価格差(歪み)が小さくなった時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のことをいいます。

ビットコイン取引所では各々需要量と供給量のバランスによって価格を決めているため、取引所によって売値、買値が異なりえます。よって安い取引所で買い、より高い取引所で売る、すなわち裁定取引(アービトラージ)が可能となるのです。

ビットコインを買った取引所から売る取引所への送金手数料がほとんどかからないため、利ざやが目減りしないのも利点です。利ざやがあっても手数料で食いつぶされてマイナスになっては投資の意味がありませんよね。

スポンサーリンク
トップへ戻る